top of page
119648745_391375131858728_71795055825501
119475199_1711156029049758_3502830451579
119599850_3242049762581460_8106078278949
119603324_1393906930814411_2613204544366
119475007_3338522619600998_4745436578442

Daisuke Shimizu

Timelapse Creator

NEWS

お知らせ

清水 大輔  Daisuke Shimizu

 

タイムラプス クリエイター
Timelapse Creator

 

1976年生まれ。福島県出身。

2012年、東日本大震災で被災した福島の今を世界に発信する想いでタイムラプス制作を開始。
2015年、タイムラプスクリエイターという新しいジャンルを生み出し、現在はタイムラプス専門のクリエイターとして各国で活動。TV、映画、CM、観光PR事業、デジタルサイネージ等、幅広い分野で映像を制作している。
自主映像作品はVimeo Youtube中心に公開。

2017年からは次世代タイムラプスの制作を開始し、写真のみで動画を表現する新しい映像技法で、今までに存在しない新しい映像を制作している。

2018年から8Kと10Kの映像化、2020年からは12Kでの映像化をそれぞれ開始。

また多くのメディアにも出演し、タイムラプス映像文化の普及活動にも努めている。

 

  主演番組

   ・NHK [TIME-LAPSE JAPAN] シリーズ出演映像制作担当
   ・NHK [福島タイムラプス] シリーズ出演映像制作担当
   ・NHK [BS8Kタイムラプス番組 そこにある光] 出演映像制作担当

 

  出演テレビCM

   ・TVS REGZA  [CRAFTSMANSHIP タイムラプスクリエイター 清水大輔] 

   ・Apple [Macの向こうから] 

   ・TOSHIBA EXCERIAPRO「情熱を、記録する。」

  受賞歴

   ・NHK 福島タイムラプス(出演、撮影映像制作担当)

       第34回 ATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞受賞

   ・クラシエホームプロダクツ / いち髪 「日本の四季」篇(撮影映像制作担当)

       2023 63rd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS

        フィルムクラフト部門 総務大臣賞 / ACCグランプリ受賞

   ・ Fukushima  TIME/LAPSE(出演、撮影映像制作担当)

       ニューヨーク フェスティバル

        ドキュメンタリー:コミュニティー・ポートレート部門 銀賞受賞​

  使用機材 (2023/11現在)

       FUJIFILM GFX100S / CANON EOS R5 / NIKON Z8 / SONY α7R5 ,α7R4

  撮影や映像ご使用についてのお問い合わせ先
  dshimizu@ds-timelapse.com

 
 
6003B90A-5399-44BA-BD28-49BF96822D91.JPG

清水大輔が考えるタイムラプスとは

清水大輔にとって、「タイムラプス」とは技法である。


それは単なる写真の早回し映像ではなく、より強く伝える力を持った「動く写真」をつくる手法を意味する。

彼は様々なカメラやレンズの特性を徹底的に理解し、その情報を元に、目指す世界観に最適な機材を選定する。


そうして積み上げた独自のデータベースが、清水大輔の作品を唯一無二の緻密さと美しさを兼ね備えた映像制作を可能にしている。

清水大輔にとって、タイムラプス技法は生きがいである。


その情熱は、「そこにある光」を可視化し、社会に新しい視座をもたらすことに捧げられている。


表面的な情報に捉われることなく、本当は存在している光(それは物理的な光や人の善意などの価値あるものを意味する)を、己の目で見つける人でありたい。


その感動を共有できる世界をつくりたい、という願いが、彼の作品の根底には流れている。
 

「タイムラプス」から「タイムラプス技法」へ。


それは、清水大輔の魂を表現する技法であり、彼の終わらない挑戦の象徴なのだ。

bottom of page