検索

清水大輔の活動を追ったドキュメンタリー番組、 NHKスペシャル「福島タイムラプス 震災7年目の映像詩」(ATP賞テレビグランプリ2018優秀賞)が再放送されます。

チャンネル NHKBS1

番組名「福島タイムラプス 震災7年目の映像詩」

日時 2021年03月10日 9:00~9:50 (1部) 10:00~10:49 (2部)


約1年間、清水大輔のタイムラプスクリエイターとしての活動を追ったドキュメンタリー番組。ナレーションは、女優の葵わかなさんです。


タイムラプス映像を担当したNHK SpecialProgram [Barakan Discovers: The Tokyo of 2020]が日本語番組としてNHK総合で放送されます


チャンネル NHK総合(関東)

番組名「バラカンが見たコロナ禍の東京」

日時 2021年02月21日 13:05 ~ 13:35


コロナ禍の東京で海外から日本に渡り住んでいる方々をピーター・バラカンさんが訪ね、私は渡り住んでいる方々の想い、見ている光景をタイムラプス映像で表現した番組です

12K(解像度11520×6480) で日本各地を表現したタイムラプス作品です

12Kの解像度を表現するのに様々な撮影方法、新しいワークフローで制作し 多くのトライアンドエラーにより制作に時間がかかりました

ただそれ以上にコロナ禍の制限がある中での撮影は非常に困難を極めました

Youtubeでは8Kが最高解像度なのですが、所謂「オーバーサンプリング効果」で より高精細に表現できるのが12K映像だと感じております


まだ12Kは正式な規格は無いのですが、新しい映像表現としてこれから更なる 映像化を進めて参ります


This is a timelapse film that depicts various parts of Japan in 12K (11520×6480 resolution). In order to achieve 12K resolution, we used various shooting methods, new workflows, and a lot of trial and error, and it took a long time to produce the film. But even more than that, the COVID-19 made timelapse photography extremely difficult. 8K is the highest resolution, but the so-called "oversampling effect" made I feel that 12K images can be expressed in higher resolution. Although 12K is not yet an official standard, we will continue to work on further visualization as a new visual expression.